FC2ブログ

FT8への道険し

 2019-02-16
MMTTY× USBIF4CW Gen.3 × FT-891 RTTY問題が解決したと思ったら、
今度はこっち、
WSJT-X Ver.2.0 × USBIF4CW Gen.3 × FT-891
難しそうです。

<現状>
 ネットを検索しても良い情報が見当たらないため、USBIF4CWさんへ問合せ。
 結果、WSJT-Xはバージョンに関わらずUSBIF4CW Gen.3に対応していないため、
 設定手順の情報はない
との回答でした。

 困りました・・・
 とりあえずWSJT-Xは、USBIF4CWで言う「非対応のソフトウェア」に該当するため、
 非対応のソフトウェアをUSBIF4CW Gen.3で使うため、公開されている仮想COMポートドライバ
 をインストールすることに。
 Windows 10 (64ビット版)に仮想COMポートドライバをインストールする手順は下記を参照
 http://nksg.net/usbif4cw/lab/vcpd/inst_vcp_w10/

★私のPC環境では、セキュアブートを無効にしてから作業する必要がありました★
  セキュアブートの設定は Windows 上からできないので、UEFI画面で行う必要があります。
  下記URLを参考にしました。
   https://freesoft.tvbok.com/tips/efi_installation/about_secure_boot.html

  セキュアブートを無効にしてから、手順に従い慎重に仮想COMポートドライバをインストール。
  なんとか成功しました。
  仮想COMポートドライバをインストールし割り当てられたPortは、COM4。

  WSJT-X Ver.2.0のPTT Methodに割り当てられたPort(COM4)を設定しTest PTTを行うも、
  エラー発生し撃沈・・・
20190216.png

 ★仮想COMポートドライバをインストールしてもPTT制御はできない★
  ことはわかりました。
タグ :

MMTTY×USBIF4CW Gen.3×FT-891

 2019-02-09
先週 八方塞がりの状態でしたが、
本日午前中なんとかRTTY運用ができるようになりました。
備忘録を兼ねて記事にしておきます。
またFT-891ユーザのお役に立てば幸いです。

今回は原因がどこにあるのか、絞り込むため順番に確認していきました。
★USBIF4CW Gen.3を使用したRTTY運用までの道のり★
PC <--- >USBIF4CW Gen.3 <---> FT891

1. MMTTY単体確認
 1.1 MMTTY起動
 1.2 メイン画面設定確認
  (1)Control:UOS enable
  (2)Demodulator(IIR)
   ・Mark(2125Hz),Shift(170Hz),BW(60Hz),AV(70Hz)
   ・SQ,BPF,AFC enable
 1.3 オプション>設定画面
   ・AFC/ATC/PLLタブ AFCエリア : HAM
   ・送信タブ  PTT&FSKエリア(PORT) : NONE
   ・その他タブ 送信ポートエリア : サウンド
 1.4 オプション>出力ボリューム調整
   ・デバイス(スピーカ) : 最大
   ・アプリケーション(システム音) : 最大
   ・MMTTY : 最大
 1.5 Macro 登録していたCQでMMTTY動作確認
    表示 : CQ CQ DE 7K4BWY JCC HIRATSUKA CITY K
   ★サウンド : ピロピロ聞こえる
    XYスコープ : OK

  ---MMTTY単体は、正常と判断---

2. PC <--->USBIF4CW Gen.3
 2,1 USBIF4CW Gen.3をPCに接続する
   USBIF4CW Gen.3付属のUSBケーブルをUSBIF4CW Gen.3背面とPCのUSB端子に接続する。
   PCから電源供給され、USBIF4CW Gen.3のPWRランプが緑点灯する。
   同時にPCは新しいデバイス(USBIF4CW Gen.3)が接続されたと認識し、自動的に必要
   なドライバを準備・インストールされる.

 2.2 USBIF4CW専用のドライバインストール
  (1)MMTTYでUSBIF4CW Gen.3を利用するには、MMTTYがインストールされているPCに
   USBIF4CW専用の外部インタフェースドライバ(EXTFSK.DLL)をインストールする。

   USBIF4CW専用の外部インタフェースドライバ(EXTFSK.DLL)を下記URLからダウンロード。
    http://nksg.net/usbif4cw/lab/extfsk/
    対象ファイル(zip):extfsk004a.zip
    
    概要は以下の通り
     ・「extfsk003.zip」圧縮ファイルを解凍。
     ・「extfsk003」フォルダが作成されるのでフォルダ内に
      「usbif4cw.fsk」と「usbif4cw.fsk.txt」があることを確認。
     ・「usbif4cw.fsk」と「usbif4cw.fsk.txt」をMMTTYの実行ファイル
      「MMTTY.EXE」があるフォルダへコピーする。

    詳細手順は、下記URLを参照
    http://nksg.net/usbif4cw/software/mmtty/

  2.3 ドライバインストール後のMMTTY設定変更
   (1)設定画面
    --特に注意--
     ・AFC/ATC/PLLタブ AFC > Shift(FSK)・・・元はHAM
     ・送信タブ PTT&FSK > Port(usbif4cw)・・・元はNONE
     ・SoundCardタブ 送信ポート(サウンド+COM-TxD(FSK))・・・元はサウンド
  
  2,4 Macro 登録していたCQでMMTTYとUSBIF4CW Gen.3動作確認
   MMTTY
    表示 : CQ CQ DE 7K4BWY JCC HIRATSUKA CITY K
  ★サウンド : ピロピロ聞こえない 
    XYスコープ : OK
  USBIF4CW Gen.3
    PTT : 赤点灯
    FSK : 緑連続点滅
    送信終了時 :PTT、FSK 消灯

  -- PC <--->USBIF4CW Gen.3 間正常と判断 --
   →となると、やはりFT-891の設定に問題あり? ・・・と推測

3 .USBIF4CW Gen.3とFT-891接続
  USBIF4CW Gen.3背面(Digital)とFT-891背面(RTTY/DATA)を専用ケーブルで接続
  *専用ケーブルは、USBIF4CW Gen.3注文時にFT-891で使用すること明記し併せて製作依頼

4. 「RTTY」運用時のFT-891設定
 ★運用モード;RTTY
 ★MENU 
  ・MODE CW  07-12(PC KEYING):DAKY
 * DAKY設定するとRTTY通信時のPTT制御を背面の RTTY/DATA端子(pin3)で制御する。
  (RTTY運用に鍵となる設定がCW modeのところに・・・)
  ・MODE RTY 10-05(RTTY SHIFT PORT):SHIFT
  ・MODE RTY 10-06(RTTY POLARITY-R):NOR(受信時シフト方向 スペース低<マーク高)
  ・MODE RTY 10-07(RTTY POLARITY-T):REV(送信時シフト方向 マーク低<スペース高)

5. PC <--- >USBIF4CW Gen.3 <---> FT891
 Macro 登録していたCQで総合動作確認
   MMTTY
    表示 : CQ CQ DE 7K4BWY JCC HIRATSUKA CITY K
  ★サウンド : ピロピロ聞こえない 
    XYスコープ : OK
  USBIF4CW Gen.3
    PTT : 赤点灯
    FSK : 緑連続点滅
    送信終了時 :PTT、FSK 消灯
   FT-891
    送受信LEDインジケータ : 消灯→赤色(送信中)→消灯

  -- 全体の正常動作を確認 --

----------------------------
 アドバイスを頂いたUSBIF4CWの中茂様、 JH1JBPさん
 試験運用に協力頂いたJF1KICさん
に感謝致します。

タグ :

新たな課題

 2019-02-02

--知ってる人に教えてもらうのが確実で早い--
という結論に至りました。 当面、USBIF4CW Gen.3 封印します。
実物見学かお助けマン待ち。

GW前半の利島村移動へ向けて、
   ・ローバンドコイル製作
   ・FT8などデジタルモード免許申請
など行ってますが、この一環でUSBIF4CW Gen.3購入。
本日、午前中に届きました。

PC関係のデジタルI/Fがあるとほぼほぼ順調にはいきません(経験上)。
不安的中で各種動作確認を行うも、CW・、RTTYとも送信できず・・・・
当該品の掲示板らしきものを見つけましたが、私と同じように初歩的なところで
つまづいてる人がかなり居るようです。
私のような素人が手を出したのは失敗だったかも・・・
WSJT-Xは先の先になりそうです。

IMG_0232.jpg

20190202_convert_20190202232756.jpg
タグ :

2019年1月アクティビティ

 2019-02-01
ローバンド精力的に運用したので、なんとか3ケタに届きました。
トップバンドも34局と健闘するも、ほとんどが試作時のもの。
実戦投入モデルでは3局しか交信してないところがちょっと心配です。
トップバンド、まずはAJD狙いです。


タグ :

新国立競技場

 2019-01-31
今日は午前中、仕事で千駄ヶ谷方面へ
大江戸線 国立競技場駅で下車し道路沿いに歩いていくと、
建設中の新国立競技場が見えてきました。
で・で・でかい!ちょっと圧倒されます。
20190131_1.jpg

この辺りは斬新なデザインでしょうか・・・
20190131_2.jpg
2019年11月に完成予定。
新国立競技場こけら落としは2020年元日に開催される、天皇杯決勝だとか。
楽しみです。
タグ :

飛び出せ!コイル

 2019-01-20
約1ヶ月試行錯誤してきました。
1.9MHz用コイル1本でで3.5MHzもできるようにと画策してきました。
実験段階では、前回記事のように完成というか成功しましたが、
「二兎追うものは一兎も得ず」 になるのが嫌だったので、
独立方式とし結局、写真のように落ち着きました。

1.9MHz用コイルです。
以前、試作したものより一回り小さいプラケースを使用しコンパクト化実現!。
あれっ? 3.5MHzのコイル無いじゃないですか・・・
蓋をあけると・・・、ジャジャジャ~ン
20190120_1.jpg

中に3.5MHz用コイルが収納されてます。
以前と同じ、綿棒用ケース利用です。
20190120_2.jpg

1.9/3.5MHzコイルを重ねるとこんな感じ。
調整用のリードもワニ口、ミニフックタイプと複数準備しました。
また、3.5MHzコイルの蓋も開閉できるので、小物などいれることができます。
コンパクト・軽量・多機能化実現! 
土曜日試運用しましたが、うまく動作してるようです。
これで実戦投入の予定。
20190120_3.jpg
タグ :

コイルの顛末(てんまつ)

 2019-01-13
この年になると体に色々不具合がでまして、午前中 二ヶ所病院へ行って昼ごろ帰宅。
集中できるので調子こいてやってるコイル調整ですが、最近カットアンドトライのしすぎで、
コイルは原形をとどめず、手術痕だらけ・・・
結局 自分で何をやってるのかわからなくなってきました。

<結論>
-次回チャレンジ-
 ・直径10cm、高さ10cmプラケース 1個(100均で調達)
 ・エナメル線(1mmφ)を約20m(実際使用するのは15m)・・・調整のしやすさ
 ・自在ブッシュ 4本(1周あたり4ヶ所)・・・調整のしやすさ

<コイル顛末>
 6エリアではローバンド運用も何不自由なくできましたが、常置場所に戻ってきて
   ・自家用車なし
   ・マンション二階(うさぎ小屋に近い)
   ・ベランダが狭い
   ・ベランダ目の前に電柱と電線がある
 これだけ悪条件が揃っていると、ローバンド運用は厳しいものがあります。

 しか~し、そこを何とかしたいと思って始めたのが 「ローバンドプロジェクト」。
 移動運用も7MHz~50MHzに固定されてしまい、ローバンド運用ができないことが
 気になっていました。 そんな理由から3.5MHz運用への挑戦。
 綿棒が入っているケースを利用、それにビニール線4.4mを巻いて完成。
 あっさりできてしまった割には、再現性・性能も良く、固定、神津島移動、
 07県浜通り移動では 十分すぎるほどの活躍でした。

 しばらくそれで満足してましたが、いつの日かトップバンドもサービスできる
 ようにしたいと思い、まず固定で試作、再現性など確認してから移動運用に
 投入というシナリオです。
 1.9MHz用コイル製作途中で、一度3.5MHzコイルをバラしてしまいました。
 その結果、悲しいことに3.5MHzコイルは二度と同じものが再現できません。
 材料、線長、環境など同じはずなのに・・・、何でだろう~ 何でだろう~♪
 論理的に物事を進めてるようで進めていない結果です。
 
 直径10cm、高さ10cmプラケースを利用したコイルで3.5MHz/1.9MHzとも
 運用できるようになったので結果オーライですが、ん~納得いかないな・・・

 という訳でまだまだ「ローバンドプロジェクト」は、続きます。
 
タグ :

1.9MHz用短縮コイル試作

 2019-01-04
早いもので4日経ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
本年も拙い記事ですが、時々アップしますのでよろしくお願い致します。

さて今年最初の記事は、表題の1.9MHz用短縮コイル試作です。
12月下旬にもチャレンジしていましたが、思うようにいかなく中断。
前回より再現性が高いものができましたが、実戦投入はまだ先になりそうです。

ここに至るまでかなり試行錯誤しています。(書ききれないので割愛)
取りあえず1.7程度まで追い込みましたが、再現性に波があるのは相変わらずで
ノミナルポジション±75cmの間で25cm間隔でタップできるようにしました。
20190104_1

3.5MHz用コイル(上)と比較するとこんな感じ。
日が暮れてから、バンド内を覗いてみると兵庫コンテストが行われており数局聞こえます。
呼んでる局も含め、1、2、3、4、6、7エリアの信号を確認!
1.9MHz特有の長周期QSBがあるので、信号が浮いてきたところで呼んでみるも空振りか、AGNの連続。
3エリアで少し強く(・・・と言ってもSメータでピーク3程度)入感する局を発見したので、
数回呼んでレポート交換、599 2706(兵庫県洲本市)。
このあとCQを10分間ほど出してみましたが応答ないので諦め。
接地が甘いので仕方なし・・・
これからカウンターポイズを強化し、実戦投入です。
20190104_2.jpg
タグ :

50W運用実現! MFJ-902B 試運用

 2018-12-31
鹿児島赴任から常置場所に戻ってきて約二年。
常置場所はマンション二階、以前はベランダにアンテナを数本取付け各バンドに出ていました。
現在は、5.4m釣竿に約6mのビニール線をはわせ、Elecraft T1でチューニングをとって運用。
カウンターポイズは10m 1本をベランダに適当に広げてます。

T1主な仕様
 種 類    : オートアンテナチューナ
 重 量    : 約140g
 周波数範囲  : 1.8~54MHz
 最大入力電力 : SSB/CW 20W、 デジタル/FM/AM 10W

最大入力電力を除けば、必要な条件が揃ってます。(私にとってですけど・・・) 
自己責任で30~40W入れて使うこともありますが、本当に入力電力だけ悔やまれます。

固定から50W運用がしたい。
そんな理由から以前から狙いをつけていたのがMFJ-902B。

MFJ-902B主な仕様
 種 類    : マニュアルアンテナチューナ
 重 量    : 約400g
 周波数範囲  : 3.5~30MHz、50MHz
 耐入力    : CW 75W、 SSB 150WPEP

今年のハムフェアで注文し、3ヶ月かかって11月下旬に到着。
周波数範囲は3.5~50MHz、トップバンドは範囲外ですが、耐入力 CW 75W、SSB 150W。
仕様はOKですが、マニュアルチューナで表示器類もなく・・・。
マニュアルチューナ使うのも初めてなので、多少不安がありましたが試してみなければわかりません。
年末年始休みに入ったので、大晦日の今日 調整とデータ取り。
結果、24MHzを除く各バンドチューニングが取れ、50W出力を確認!
3.5MHzのみ50W出力で試運用。1時間ほどCQを出して26QSO、まずまずの成果でした。

ハイバンド試運用は来年春、24MHzの解析もこれからやってなんとか使えるようにしたいものです。

本日の運用システム
左の赤いものは、3,5MHz用短縮コイルです。
パドルは、CQ ham radioオリジナル 小型パドルGemini。
感触がふにゃっとしてて時々、符号がメロメロ状態。呼んで頂いた方に、何度も送り直す場面も。
20181231_1.jpg

50W設定で、バッチリ50W出てます!
20181231_2.jpg

<備忘録>
1.MFJ-902B使用しての調整方法
 (1)ANT:0、TRANSMITTER:5設定 (初期値)
 (2)CW信号送出し、反射波が最低となるINDUCTANCEのポジションをみつける。
 (3)TRANSMITTERを時計方向または反時計方向に回し、反射波が最低となる数値をみつける。
 (4)必要に応じてANT:0の位置も僅かに変更する。
 (5)(3)(4)の繰り返し。
*常置場所の環境では、ANT:ほぼ0で最良ポイントが発見できた。
*24MHz帯は、調整段階で無線機SWRメータが2.0程度を示すものの、
 10W以上の設定でパワーを出すとHI - SWR表示される。
 →2019年1月3日 再調整実施し、良好な結果を得ました(24/28運用時は、1m追加)。
タグ :

2018.12月アクティビティ

 2018-12-31
ローバンド復活し、数ヶ月ぶりに2ケタ交信。
12/31 大晦日、3.5MHzでCQ出したらcondx良かったようで結構、呼んで頂きました。
2018_Dec Log

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫