簡易タイヤベース試作

 2017-11-04
広告が出る有り様でBlog更新も久しぶり・・・、時間は持て余すほどありますが、
「車」・「移動アイテム」・「やる気」・「ネタ」
とないものリストが多く、移動運用にも腰が重くなります。

秋の3連休、移動でもしてみるかと直近になって思ったのですがそう簡単にはいきません。
上のないものリストをすべて消していかなくてはなりません。
「車」・・・借りる(ニコニコレンタカーで格安に)
「やる気」・・・何となくでてきた
「移動アイテム」・・・???

そう 「移動アイテム」 こそ最大の課題!、引越しの時にほとんど処分してしまいました。
無線機(マイク、キー)、同軸ケーブル、伸縮ポール、アンテナは何とか揃えました。
今回、移動運用の醍醐味6mを楽しもう!と物がないのに大胆な計画
そうなると伸縮ポールの固定方法ですが・・・、普通はタイヤベース使えば即解決。
実はタイヤベースも処分しており手元にありません。
これまで20年以上、横浜市ハムランドさんで購入したタイヤベースを愛用してました。
まあ~購入すれば事は解決するのですが、
当面レンタカー移動運用が基本スタイルになるので、使用頻度少ない・重いことなどを
考えると既製品を買うのもどうかなあ~と考えてしまいます。

前置きが長くなりましたが、ブログの本題でこんなものを作ってみました。
 ・軽量、コンパクト
 ・持ち運び簡単
 ・現地組立て・分解可

まだ実践投入してないのでなんとも言えませんが、ステーを張れば何とかなるかな?という印象。
 
<構成例>
20171104_2_convert_20171104181814.jpg
<裏から見たところ>
20171104_3_convert_20171104181837.jpg
<材料>
20171104_1_convert_20171104181753.jpg
<ゴムマット使用法>
固定ベース側はボルト分だけ高さが高くなってます。
タイヤで踏んだ時の全体水平度を保つために、ゴム板を使用しました。
(厚めのダンボールでもいいと思います)
20171104_4_convert_20171104181924.jpg

<工夫したところ>
(1)内径の違いによるガタつきをなくす
固定ベース(外径43mm)、内径37mm、伸縮ポール34mmなのでそのままだとポールがガタつきます。
(2)安定性の確保
4エレアンテナをあげれば、重心は上に移動します。
固定ベースの高さは10cmほどなので、安定度を保つためにもう少し高さを確保したい。

★11/5追記(改修案)
①ベース部強度
 (地面)>合板(追加)→補助金具→固定ベース 合板に10mm穴4ヶ所(固定ベース寸法)
②高さ方向
  塩ビパイプ・・・構想に適合するサイズなし(JIS規格)
  アルミパイプ・・・A6063TE-T5 44m(内径)
            50mm(外径)3mm(厚み)4000mm(長さ)
   →ベース部にアルミパイプを被せる

何かいい方法はないか?
・・・と家の中をウロつきながら、使えそうなものを見つけました。
サランラップの空き芯です。長さ30cmなので高さもいい感じです。
固定ベースに空き芯を入れてみたところ、遊びがなくバッチリ。
しかしここにポールを入れると、ほんのチョットの差で根本まで入りません。
少しでも内径を大きくするため空き芯に切込みを入れ、ポールが完全に入るようにしました。
実運用時は、空き芯部分をひも、マジックテープ等で縛り強度を確保します。
20171104_5_convert_20171104181940.jpg

20171104_6_convert_20171104181959.jpg

20171104_7_convert_20171104182016.jpg

20171104_0_convert_20171104181731.jpg

<完成!>
あくまで試作です。評価はこれから・・・

空き芯部分の防水性と強度を上げるため、ポールを差した状態で空き芯にラップを何重かに
巻くなどもう少し手を加える必要がありそうです。
20171104_8_convert_20171104182040.jpg

★ニコレン予約がとれなかったので連休中の移動運用は延期orz

★製作費用:3331円
---内訳---
固定ベース:289円
補助金具ユニクロI型(4穴30×300、スチール):1226円(613×2個) 
六角ボルト(M10×25、ステンレス):508円(127×4本)
六角ナット(M10、ステンレス):208円(52×4個)
ワッシャー(M10、ステンレス):76円(19×4個)
防震ゴムマット:1024円
サランラップ芯:0円

タグ :

QRP移動運用セットのローバンド拡張

 2013-09-06
20130906_1_convert_20130906222501.jpg8月の湯布院遠征QRP移動運用セットは7~50MHzで運用可能でしたが、
あわよくばローバンド運用もということで1.9/3.5MHz用ローディングコイルを
作ってみました。
直径5cmの塩ビパイプ(30cm)に自在プッシュを両面テープで張り付け、
1.2φの銅線を巻いていきます。

20130906_2_convert_20130906222528.jpg83回巻きで13mを巻きつけました。
アンテナエレメントに接続する15cmのビニール線(左側)、ATU T1に接続する
1.4mのビニール線(右側)を塩ビパイプにビス止め。
アンテナエレメントへの接続はギボシ端子を使いました。
とりあえずローディングコイルは完成。

20130906_3_convert_20130906222547.jpgカウンターポイズは10m×1本、20m×2本をベランダに伸ばしてます。
7~50MHz運用時は5.4m釣竿に7mのビニール線をはわせT1でチューニングを
とってましたが今回は2.3m更に延長。
ローディングコイル等含めるとトータル約24mになりました。

釣竿アンテナにつなぎ、ミノ虫クリップを付けたビニール線で3.5MHzの調整をしているところです。
3.5/1.9MHzともに同調点はみつかりましたが・・・、再現性に難があり実用には至っていません。
タグ :

FT-817NDにCWフィルタ取付け

 2013-08-27
20130827_1_convert_20130827225619.jpg
ハムフェアで購入したFT-817ND用「コリンズCWフィルタ(500Hz)」を取り付けてみました。
コリンズメカニカルCWフィルタ(500Hz) YF-122Cです。


20130827_2_convert_20130827225639.jpg20130827_3_convert_20130827225653.jpg取扱説明書には、上蓋とスピーカに接続されてるコネクタを外すよう
書いてありますが、写真のように上蓋を後ろにスライドさせても大丈夫
です。
フィルタ装着前後の写真です。

早速電源を入れてメニューモードからフィルタ設定を行いました。
当然ですが雑音がスーっと消えました。これで信号も聞きとりやすくなりそうです。
タグ :

QRP移動運用セット完成

 2013-08-17
 QRP移動運用セットが完成しました。

 左からキーヤー、FT817+乾電池単三×10個
 ATU(T1)、LW(黒)、カウンターポイズ(青)
 同軸、FT817電源コード、ひも、マジックテープ
 上にあるのが5.4mグラスファイバー               これをコンパクトにまとめました。
20130817_1_convert_20130817201910.jpg20130817_2_convert_20130817201934.jpg










明日からの大分遠征で試してみたいと思います。
タグ :

エレクラフト T1は優れもの

 2013-08-13
来週から夏休み。由布院で3日ほど過ごした後、神奈川に戻ります。
常置場所には無線設備が一切ありませんが、せっかく由布院にも行くことだし・・・
「コンパクト移動運用セットで多バンドにQRVする」を目標にシステムを構築してみました。
とは言っても自作はできないので市販品組み合わせです。
リグはすでに持ってるFT817NDを使います。
アンテナをどうしようか迷ってましたが、あるBlogで釣竿アンテナにエレクラフトのT1オート
アンテナチューナを使った記事が目にとまりました。
これならコンパクトかつ多バンドQRVができると思いちょっと前から品物を集め始めました。
準備したのは次のものです。
FT817ND(QRP 5W)、エレクラフト T1(ATU)、グラスファイバー竿(5.4m)、アンテナ用
ビニール線(7m)、カウンターポイズ用ビニール線(10.7m)、単三電池×10本(15V)電池
ケース、ワニ口クリップ(FT817ND電源用)、BNC-M型変換コネクタ
早速組み合わせてみました。
20130812_1_convert_20130812223931.jpg20130812_3_convert_20130812224006.jpgT1はANT、無線機側ともにBNCコネクタです。
グラスファイバー竿先端から2mほど線を垂らし、
残り5mを竿に沿って這わせます。
線がたるまないよう根元から1m、3m、5mのところ
をマジックテープで線を竿に固定しました。

20130812_2_convert_20130812223950.jpgT1と15V乾電池ボックスです。
FT817の使用可能電圧は8~16V。QRPですができるだけ5W出力を保つため
15V乾電池ボックスを採用しました。
T1 GNDに接続されてる青いビニール線が10.7m(7.010MHzのλ/4)カウンターポイズです。
室内からベランダに伸ばしました。

T1の周波数範囲は1.8~54MHzです。
各バンドチューニングをとって見ると7~50MHzはすべてチューニングがとれました。
3.5は線長が足りずチューニングがとれません。(1.9は試してません)
FT817でCQを出してる局を数局呼んでみましたが、そこそこ拾ってもらえます。
既設ベランダアンテナと聞き比べてみると、バンドによっては釣竿アンテナ
のほうが良かったりします。特に18MHzは劇変でびっくり!
既設アンテナ559程度の信号が釣竿に変えたら599に。
T1仕様ではSSB/CWは20Wまで使用可能ということでTS-690につないで使ってみました。
ハイバンドEsが出ていてSSBでもコールがありました。

エレクラフト T1オートアンテナチューナ優れものです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫