ギボシダイポールアンテナ製作(7/10/14/18/21/24/28MHz)

 2012-09-29
ギボシダイポールアンテナってご存知ですか?
通常ダイポールアンテナはひとつの周波数にしか使えませんが、エレメントの途中を運用したい周波数にあわせ切断したり接続したりすることができれば多くの周波数に出ることが可能になります。
切断・接続の方法としてギボシ端子を用いたものを「ギボシダイポールアンテナ」あるいは「ギボシアンテナ」などど呼んでいます。
ギボシダイポールアンテナの良さは、なんといってもフルサイズのアンテナで無線が楽しめることです。
20m程度のスペースがあれば7/10/14/18/21/24/28MHzが運用可能です。これなら都会でも河川敷やちょっとした空き地があれば十分設営できます。

今回初心者向けに(私も自作は初心者です)7/10/14/18/21/24/28MHz用ギボシダイポールアンテナの製作方法を紹介します。

--運用環境-- 重要!!
これ重要です。今回製作するアンテナは次のような環境下で使用することを想定しています。
   (1)給電点までの高さ:4.0~4.5m
   (2)エレメント端点の高さ:0.5m程度
給電点の高さは一般にHF帯を運用されている方より低いと思いますが伸縮ポールからの制約です。
また給電点の高さに0.5mの幅がありますが、これはEsシーズンではポールトップに50MHzの4エレをあげその下にギボシアンテナ用バランを取り付けるためです。
上記条件からはずれる場合(例えば 給電点までの高さ8m、端点高さ3mなど)は配線コードの長さ、同調周波数が変わってきますので注意が必要です。(多分全体的に短くなる方向なので大丈夫だとは思いますが・・・)

---準備するもの---
  (1)バラン(私はDAIAMONDの広帯域バランBU-50を使用)
  (2)配線コード(2.00sq程度) 26m(13m×2本)、
  (3)プラスティック板 1m(ギボシ端子の保持部分の絶縁体として使用)・・・ゴム板などでもOK
  (4)ギボシ 12セット(オス・メス各々12という意)以上 
  (5)結束子 24本以上(見た目を良くするために使うのでなくてもOK)
  (6)アンテナアナライザまたはSWR計(SWR計の場合調整に時間を要するのでアンテナアナライザを薦めます)
  (7)その他(半田ゴテ、ワイヤーストリッパー、ラジオペンチ、ニッパなど)

---作業---
作業は事前に準備できるものは屋内で作業し、実際の調整作業を屋外で行うのが効率的です。
屋内作業
(1)ギボシ保持部分の準備
20120928_0_convert_20120928153438.jpg
 プラスティック板を5cm単位でカットし、両端から1cm程度のところに配線コードがとおる
 大きさの穴をあけます。(DIYショップ等で電動工具をかりるのがいいです)
 これを12個準備します。
 周波数識別のために数字を書いたテプラを貼りました(1.9MHz → 1)。

(2)目標周波数に合わせた配線コードの準備
私はCWの運用が殆どなので目標周波数は下記のようにしました。
20120928_9.gif
 以前の実験結果で給電点4.5m、端点0.5mの環境下では同調周波数が計算値より高くなる傾向にあることがわかっているので、計算値に10%のマージンを加えています。
 差分を書いている理由は、28MHz調整→24MHz運用に必要な線材追加//調整→21MHz運用に必要な線材追加//調整・・・という作業を繰り返していくからです。

(3)ギボシ保持部と配線コードの接続
バランを介して下図のように接続します。
調整不要な個所は最初から固定し、調整部分はギボシ保持部に結ぶなどして仮止めします。
20120928_11.gif
20120928_2_convert_20120928141854.jpg20120928_3_convert_20120928141912.jpg










屋外作業
ここまでできたらあとは屋外での調整作業です。次の点に注意してください。
 ・できるだけ広い場所で行う
 ・実際の運用環境を模擬して調整する
 ・28MHzから調整する
調整手順イメージです。
20120928_13.gif
20120928_5_convert_20120928142008.jpg20120928_6_convert_20120928142026.jpg 












写真左: 
ギボシ保持部に調整側の
配線コードを結んだ仮止
め状態 
写真右: 
調整が終わりギボシをつ
けてかしめ接続した状態
抜け防止のためギボシは半田付けしましょう

私は各バンドとも3~4回ずつCut and Tryしたので調整作業に4時間ほどかかりました。
初心者でも屋内作業を含め2日間あれば十分できると思います。
参考までに今回の設計/調整結果は以下のとおりです。
20120928_14.gif

20120928_7_convert_20120928142044.jpg20120928_8_convert_20120928142113.jpg













---使用方法---
最後に使い方です。
28運用時:24~7全てのギボシ保持部ギボシを外す
24運用時:24ギボシ保持部のギボシを接続
21運用時:24/21ギボシ保持部のギボシを接続
18運用時:24/21/18ギボシ保持部のギボシを接続
14運用時:24/21/18/14ギボシ保持部のギボシを接続
10運用時:24/21/18/14/10ギボシ保持部のギボシを接続
7運用時:24~7全てのギボシ保持部ギボシを接続

澄んだ秋空のもと7バンドギボシダイポールアンテナを作ってフルサイズアンテナ運用を楽しんでみませんか?

タグ :

2012/09/29(土)鹿児島県日置市 移動中止のお知らせ

 2012-09-29
下記移動を予定してましたが、悪天候のため中止します。

移動地: 鹿児島県日置市(JCC 4617)
時 間: 15時~20時頃まで
周波数: 1.9~28MHzを予定
(運用周波数は、339カスカスNet に随時アップします)

タグ :

こんな時期に6m がオープン

 2012-09-25

 6mリアルタイム情報をみるとLRTさんの宮崎ビーコン559の書き込みを発見しました。
 LRTさんのアンテナで559だから、どうせうちのベランダアンテナではカスカスだろうと思いながらもとりあえず聞いてみることに。 するとななんと599+で東京ビーコンが聞こえてます。先日今シーズンの6mまとめ記事を書いたばかりなのに。
 17:15分ごろから約40分オープンし1、2、0エリア計21局とQSO。
 8J2NDP記念局(三重県津市)からもコールいただきました。あと清水区の6mはNEW。
 10月も近いというのに聞こえるもんですね。完全に油断してた。




タグ :

今シーズンの6mについて

 2012-09-23
1エリアでは1年中賑やかな6mも6エリアはすでにオフシーズン。
私の最も好きなバンド6mの今シーズンを振り返ってみます。
4月からのQSO数はこんな感じでした。

エリア  1    2   3   4   5   6   7   8   9   0   DX   小計
 CW  341  45  30  10   1  43   30  32  12  16   1   561
 SSB  563  109  85  11   4  58   78  69  23  33   4   1037
-------------------------------------------------------------------------
 合計  904  154 115  21   5  101  108  101  35  49   5   1598

HF運用はほぼCWのみですが6mだけは違います。マジックバンドと言われるだけにスリルがあり、あのSSB怒涛のパイルを経験したら
もうやめられません。
今シーズン6m Esの読みは難しかったというのが、6m愛好家の印象ではないでしょうか?
昨シーズンのEsは安定期に入ってから7日~9日の周期で発生していましたが、今年は結構不規則でした。
初めて千歳ビーコンを聞いたのが4/27(金)、翌28日(土)には1エリアオープンが小規模ですが発生しました。
ビッグオープンは私の記録では5/16、5/20、6/23、6/25の4回となっています。
5/20(日)には借家ベランダアンテナから3時間で170局とQSO。しかも1Day AJDを達成するという初めての経験もしました。
しかしWAJAは徳島県が残っており未完成、なんとかしたいものです。

来シーズンが今から楽しみです。
タグ :

理論値で製作したギボシダイポールアンテナ測定結果

 2012-09-21
私はもっぱら運用専門で自作はほとんどしません(というかできません)
1.9~28MHzまでのギボシダイポールアンテナを新たに作ってみようと思い、とりあえず理論値をベースに製作した場合、
結果がどのようになるのか実験してみました。(正直言うと製作途中でこれではダメということがわかりデータ測定に変更)
バランを介した片側の線長を(λ/4)×短縮率(0.95)程度にするとか実際に製作すると理論値より短くなるいう記事も拝見しましたが、
私の実運用環境下では全バンドの同調点が目標周波数よりも高いところにあり成立しません。
下記最良点が目標周波数となるよう再チャレンジです。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫