FC2ブログ

これでもできるFT8交信Part2

 2019-03-23
FT8で交信できないとお悩みの方に朗報?です。
これでもできるFT8交信Part2
本当ですか! ・・・と言われそうですが本当です。
すでに50局以上の交信実績があります。
20190323_1.png
図1の構成で交信したので簡単に説明します。・・・ 使用周波数 50.313MHz
 ①無線機SP(スピーカ)から聞こえるFT8特有のピ~という受信音です。
 ②受信音ピ~は、PC-A内臓マイクで拾われ勝手に入力されます。
---ここで ビックリポン!---
  受信音ピ~は、PC-Aインストール済のWSJT-Xによりデコードされ正常に表示されます。
---------------
 ③無線機マイクをPC-Aのスピーカ口にあて、スピーカから聞こえるFT8信号ピ~をマイクに入力
 ④アンテナから電波は放出され、相手局で信号がデコードされれば交信できます。

なにこれっ?
ということは、図2のような珍現象も起きる訳です。
20190323_2.png
無線機は使用せず、PC2台で実験です。
右側は、PC-A WSJT-XのRx Frequency表示画面です。
黄色部分のCQ 7K4BWY PM95は、PC-AがCQを送出した時の状態です。
これは通常見かける画面ですね。

緑色部分のCQ 7K4BWY PM95は、PC-Bが送出したCQを
PC-Aの内臓マイクが拾ってWSJT-Xにより入力信号がデコードされた状態です。

FT8モードで交信するには、USBインタフェースが必要という既成概念が???
これって通常のSSBモード交信と一緒じゃないですか・・・
耳がPCの内臓マイクに、音声がWSJT-Xが作るFT8のピ~に変わっただけ。

だれか論理的に説明できるひと居たら教えてほしいなあ~
総務省に提出した変更申請との関係も??だ。
Part1で書いた内容も実は、Part2方式で動作していた可能性がある。
タグ :

これでもできるFT8交信part1

 2019-03-21
長らくFT8の送信ができず悩んでましたが、OMさんから届いた1本のメールをヒントに
本日、交信達成! 「これでもできるFT8交信編」です。

もともと受信はできていたので、問題は送信のみ。
一般的には、下図のようにUSBインターフェースを必要としますが、
今回は面倒なPTTやCAT制御をスキップし、図中 赤枠範囲の信号のやりとりで
手っ取り早くFT8を体験してみようというものです。
(RTTY AFSK運用と同じ要領です)

パソコンのスピーカから出力されるオーディオ信号をマイクで拾って送信します。

20190321_1.png
出典:新デジタルモードFT8の活用術


CQを出してみたところ早速、応答があり交信できました(下図参照)
20190321_2.png

CQを出してる局にも応答してみました(下図参照)
20190321_3.png

VOX機能を使っても構いませんし、時間に合わせ自分でPTT制御?もOKです。
10W+モービルホイップ(マンション2階ベランダ取付)のシステムで
本日50MHzで6局とFT8による交信ができました。
回り込み等による、パソコンの暴走もありません。

簡単・手軽にFT8の交信を経験してみたいという人向けの1つの方法です。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫